「オナニーの見せ合いを一度だけやらないか。そしたらお前のことは忘れるから頼む。オナニーの見せ合いを一度だけやらせてくれ。」私は彼にストーカ行為をされていました。彼との出会いはコンビニ。私はコンビニのバイトで働いている時に彼がやって来ました。最初は普通のお客さんでした。ところが彼がいつも買うタバコを私が覚えていたせいか、彼が言われる前にタバコを提示してからからは私に毎回話しかけるようになり、次第にバイトが終わるまで待っていたりとストーカー行為をされていきました。不安になり、一度は店長にお願いして彼の出入りを禁止してもらっても、彼は私がよく行く店にも通っているので他で会うことが何回かありした。そして、遂に私は彼に警察に通報すると言うと「オナニーの見せ合いをやりたい。」と、言いだしてきて私はだんだん恐怖と気持ち悪さに襲われました。 ライブチャット 案の定、警察に通報して彼は私の前から姿を消しました。それからしばらくして、私は友達の紹介で彼氏が出来ました。名前は健太。とても優しく、彼も私のことを気に入りすぐに家へ招いてくれました。すると、健太の家に始めて行くとストーカー行為をしていたあの彼がいました。驚く私たちに健太は少し不思議そうにしていましたが。まさかと彼が健太の弟にショックを受けました。健太と別れようかと思いましたが、健太のことが好きという気持ちが強かったので別れませんでした。 その後、彼も私が兄の彼女という立場からストーカー行為をしなくなり、家や外で会っても私を無視するようになりしました。これなら彼と結婚しても大丈夫かなと思ってしまう私でした。 女性の自慰 女性自身
書き込みはまだありません。
222